消費者金融や銀行カードローンを利用するには、審査に通る必要があります。この審査に通らないのは、どのような場合があるのでしょうか。

消費者金融の審査落ちの理由「収入が安定していない」

審査の項目はいくつかありますが、重要な項目の一つに収入がどの程度あって、それが安定しているかどうかということがあります。金融機関は貸したお金をその後数か月から数年かけて返済してもらわなければなりませんから、途中で返済できなくなっては困るわけです。

そのため、収入が極端に少なかったり、転職を繰り返していて今の勤務先も入社して間もない場合などは、安定性に問題があると判断され審査に通らないことがあります。逆に、アルバイトなどであっても、長年勤めていて収入が安定している場合は審査に通ることもあるので、収入はもちろん勤続年数なども重要なポイントといえるでしょう。

消費者金融の審査落ちの理由「信用情報」

消費者金融や銀行などの金融機関は、信用情報会社と契約することにより、個人の信用情報を共有しています。その人が、どこからどれだけの借金をしていて、返済状況はどうか、遅延はしていないかなどを確認することができるのです。

この信用情報の内容によっては、金融機関の審査に落ちることもあるので、注意が必要です。審査が通りにくくなる事故情報としては、他の金融機関で借りたお金を期日までに返済していなかったり、それが続いたりしているというものが多いです。

また、クレジットカードの引き落としができないことが多かったり、分割で購入契約した携帯電話の支払いが滞っていたことが信用情報に載って審査が通らなかった例もあります。とにかく、毎月支払うべきものはきちんと支払っていることが、審査を通るためには重要なポイントになるのです。

消費者金融の審査落ちの理由「総量規制を超える場合」

消費者金融では、貸金業法によって、その人の収入の1/3を超えるお金を貸すことは出来ないようになっています。これは、他社からの借り入れも含めての金額であり、信用情報などによって他社からの借り入れがわかるために、それ以上の融資は無理ということで審査が通らないこともあるのです。

この規制を、総量規制と言います。また、総量規制に満たなくても、最近他社に何度も申請をして審査に落ちていると、それも信用情報からわかってしまいますので、「問題あり」として審査に通りにくくなってしまいます。事情があってそれまでの審査は通らなかったけれども、事情が変わった、という場合は、申請時に申し出るか、ある程度期間をあけて申請することをおすすめします。
当サイトの情報を無断でコピー等をおこなわないようにお願いします