ネット上などで時々、消費者金融からの借入が賃貸契約において不利に働くと言われることがあります。賃貸契約にも審査があるため、そこで借入があることがわかると入居を断られることがあるというわけです。本当に消費者金融からの借入が賃貸契約で不利になるのでしょうか。

消費者金融からの借入が賃貸契約で不利になると言われる理由

実際は、消費者金融からの借入と賃貸契約の審査に関係はありません。もちろん家賃を支払う能力があるかは審査されますが、消費者金融からの借入状況まで調べられることはないのです。

では、なぜ消費者金融からの借入が不利になると言われるかというと、賃貸契約に必要な保証人を用意できない人が保証会社を利用した時に、保証会社が信用情報機関にデータを照会していたことがあるからです。しかし、今では家賃の保証会社が信用情報機関のデータを照会することはありません。目的外の使用として違法になったからです。ですので、消費者金融から借入のある人でも、賃貸契約の際に安心して保証会社を利用できます。

クレジットカードを勧められた時は注意

ただし、賃貸契約でも個人の信用情報が知られる場合があります。賃貸契約と同時にクレジットカードに申し込むよう勧められる場合に注意してください。

保証会社を通じてクレジットカードに新規に申し込むと、保証会社が申し込んだ人の信用情報を見れるようになるからです。借入額が大きく、それが審査に影響を与える恐れがある人は、勧められてもクレジットカードは作らない方がよいでしょう。
当サイトの情報を無断でコピー等をおこなわないようにお願いします