消費者金融から多額の借入をしている状況では、クレジットカードに新規に申し込んでも審査に通らないことがあります。なぜなら、クレジットカードの審査では申し込んだ人の信用情報を調べるからです。

過去に金融事故がある人は審査通過は難しい

カードブランドにもよりますが、クレジットカードは比較的作りやすいと言われています。実際、アルバイトやパートなど収入の少ない人でも持てるクレジットカードは多いです。

しかし、収入状況などの審査がないわけではありません。クレジットカード会社も消費者金融と同じように申し込んだ人の信用情報をチェックするため、現在多額の借入があるという人だと、返済能力が低いと判断される可能性があります。

消費者金融を利用したことがあるぐらいの人なら問題ないですが、過去に遅延や滞納の記録がある人だと難しいと思ってください。過去の返済の遅れは審査に大きな影響を与えます。信用情報機関から過去の記録が消えるまでに約5年かかると言われているので、新規にクレジットカードに申し込む場合は、過去の金融事故から5年以上経ってからにした方が無難でしょう。

複数の業者から借入がある場合も難しい

同じ理由で、現在複数の消費者金融業者から借入がある人も、クレジットカードの審査で非常に不利になります。1社だけならともかく2社も3社も利用しているとなると、お金に相当困っているのではないかと思われても仕方ありません。クレジットカードに申し込む前に、なるべく借入を1社にまとめておきましょう。
当サイトの情報を無断でコピー等をおこなわないようにお願いします