消費者金融では、利用者の返済能力や社会的信用力を審査されます。収入をすぐにどうこうすることは難しいですが、信用力を高める方法はあります。そこで、審査に通りやすくなるためにできることを見ていきましょう。

消費者金融の審査を有利にする為1年以上勤続する

消費者金融の審査では、現在の収入額だけでなく、継続して安定した収入があるかということが重視されます。つまり、収入が少なくても、安定した金額を毎月確実にもらっている人だと有利です。

現在、サラリーマンとして同じ職場に何年も勤めている人なら、他のマイナスポイントがない限り、高い確率で審査に通るでしょう。アルバイトなど正社員でない人は、雇用形態はどうあれ同じ職場に1年以上勤務してから申し込んでみてください。アルバイトやパートでも1年以上同じ職場に勤めている人には信用力があると認められやすいです。

他の金融会社からの借入を減らす

現在、他社で借入中なのに新たに借りたいというのなら、まずは借入残高を減らすことを優先してください。残高をすぐに減らせなくても、借入件数を少なくすることで新たな借入ができるようになる確率が高まります。

おまとめローンといって複数の借入を一つにまとめる方法があり、金利も低くなることが多いのでおすすめです。

申し込み先の消費者金融をを絞る

審査に落ちた時のためにと思って、最初から何社もの消費者金融に申し込む人がいますが、これは審査を通りにくくする原因です。キャッシングは申し込みだけでも記録が残るため、短期間に何度も申し込んでいるとそれだけで審査にマイナスの影響を与えます。

消費者金融を利用したい時は、申し込み先を1社に絞り、審査に落ちても立て続けに申し込まないことを覚えておきましょう。
当サイトの情報を無断でコピー等をおこなわないようにお願いします